鬱と依存症と私

うつ病とスマホゲーム依存症から脱却するまでの体験記

うつ病とお金(うつ病の対策)

こんにちは、福原なめこです。

 今回は私が、うつ病やその治療のために受講したリワークプログラムでの体験を通じて、個人的に、うつ病克服に向けて有用と感じた情報を紹介します。

 うつ病に限らず、病気の治療にはお金がかかります。うつ病は入院することは少ないのでいきなり多額の治療費がかかることはあまりないでしょうが、長期間の通院が必要になりがちですので、出費がかさみ結構な負担になります。これに加え、休職するとなると収入が大きく減ってしまいます。何とかできないでしょうか。

 ■民間の保険

うつ病の治療費を保険でカバーすることはなかなか大変だと思われます。まず、うつ病では入院することが少ないので入院保険は適用されません。また、カウンセリングなどは自由診療であることが多く、自由診療の場合は保険を受けられないことがあります。とはいえ通院補償のある保険はうつ病治療でも適用されますし、収入保障保険の中には精神疾患にかかった場合でも特定の条件を満たすことで保険金を受け取れるものもあるそうです。ただし、うつ病になってから新規で保険に加入することは審査のハードルが高いので、事前によく調べることをお勧めします。

 ■自立支援医療(精神通院医療)

自立支援医療(精神通院医療)は、通院による精神医療を続ける必要がある人の医療費の自己負担を軽減するための公費負担医療制度です。うつ病などが通院による治療を続ける必要のある状態であれば適用を受けることができます。通院している精神科の医療機関で診断書を記入してもらい、提出する必要がありますが、お願いすればまず問題なく診断書を作成してもらえると思います。申請は住んでいる市町村の担当窓口でできます。自立支援医療(精神通院医療)の適用を受ければ医療費をかなり軽減できますので、医療機関・市町村の担当窓口に相談してみて下さい。

 ■薬の処方を工夫してもらう

医療機関で処方されている薬をジェネリック薬品に変えてもらえば、薬代を安くすることができます。他にも、私の主治医がこのような対応をよくしてくれるのですが、例えば今飲んでいる薬のカプセルが「20㎎×3錠」であれば、これを「30㎎×2錠」に処方を変えてもらうと、同じ成分量でも薬代が少し安くなります。一度医療機関に相談してみてはいかがでしょうか。

 うつ病は長丁場の闘病になりやすいですので、賢く医療費を減らしたいですね。

・・・今回はここまでです。お読みいただきありがとうございました。