鬱と依存症と私

うつ病とスマホゲーム依存症から脱却するまでの体験記

「できない自分」を受け入れる(うつ病の対策)

こんにちは、福原なめこです。

 今回は私が、うつ病やその治療のために受講したリワークプログラムでの体験を通じて、個人的に、うつ病克服に向けて有用と感じた情報を紹介します。

 当ブログを読んでくださっている方はご存知の通り、私はうつ病からの復職に一度失敗しています。実はこのような方は多く、厚生労働省研究班の調査によると、うつ病になり休職した大企業の社員のうち、復職後1年以内の再発による休職再取得割合は28.3%、2年以内は37.7%、5年以内は47.1%に上るそうです。たしかに「うつ病は繰り返す」とは言われますが、この割合は結構高いと思います。

 ■「過去のイメージ」は捨てる

私がうつ病になる前は、いわゆる「エリートサラリーマン」でした。日夜仕事をバリバリこなし、周囲の評価も上々、出世も社内では早い方でした。復職後は会社の配慮で業務負担の少ない部署に異動、仕事内容も簡単なものでした。当時は簡単(と自分では思っている)な仕事にも関わらず、以前の自分と比べると処理速度も精度も低く、愕然としました。結果、早くレベルの高い仕事に戻りたいと焦り、再び不調になってしまいました。しかし、よくよく考えてみれば「レベルの高い仕事をしていた自分」がうつ病になったわけですから、もともとどこかに無理があったのです。「過去の自分の仕事方法が間違っていたのだ」と切り替え、今の仕事を無理せずこなしていくことが大切だったと思います。

 ■うつ病は簡単には完治しない

また、うつ病は必ず治る病気ですが、簡単には完治しません。そして、私にとって重要な考え方だったのは「完治しなければ働いてはいけない病気でもない」ということです。「完全に治ったから復職したのだ。しっかり働かなければ」というのは「認知の歪み」です。自然に仕事がこなせるようなら、少しだけ頑張ってみる。調子が悪いなら悪いなりのパフォーマンスに抑える。100か0かではなく うつ病を上手に乗りこなすことを意識すれば、楽になれるのではないでしょうか。

 これから復職を控えている人、今まさに復職した人、くれぐれも無理はなさらないでくださいね。

 ・・・今回はここまでです。お読みいただきありがとうございました。