鬱と依存症と私

うつ病とスマホゲーム依存症から脱却するまでの体験記

2回目の休職~復職まで(うつ病体験記5)

こんにちは、福原なめこです。

 今回は私のうつ病の体験談を紹介します。なぜうつ病になったのか・どのように克服したか、という考察は別カテゴリ「うつ病(対策)」にゆずりますので、ここでは体験した事実と当時の心境を淡々と記していきます。

 2016年6月から2回目の休職となりました。しばらく自宅で静養して精神的に落ち着き、今度こそ復職を成功させるにはどうしたらよいかを悩みました。そのためには、うつ病になる前のようにバリバリ仕事がこなせなくなった自分の状態を受け入れることができず、スマホゲームに逃げ込んでしまった失敗を解消する必要があると考えました。そこで、まずは仕事に対する自信を少しでも回復したいと思い、仕事に関係する資格取得の通信講座を申し込みました。またスマホゲーム依存症を克服するために、記事「スマホゲーム依存症の克服(依存症体験記3)」に書いたような取り組みを少しずつ始めました。

 今回も復職の条件はリワークプログラムを受講することでしたので、1回目に受講した所とは別の医療機関で行われている短期間のものを自分で探して申し込みました。内容的には1回目のもの簡略化したような感じでしたが、リワークプログラムで学んだことを今度こそ実践するという強い気持ちを持って受講しました。

 結果的にこの2回目の復職は(現在までのところでは)上手くいったわけですが、

<1回目の休職>

最悪だった精神状態を立て直し正常な日常生活を送れるようになるために、いったん仕事のことは忘れ回復に努めた期間。

<2回目の休職>

精神状態が1回目の休職時よりは余裕があったので、復職後の生活の中で立ちはだかりそうな障害を想定し対策を具体的にイメージしながら過ごした期間。

という違いがあったように、今としては思います。

 今回のリワークプログラムでも、悩みを同じくする人たちと交流できました。その一方で、目標とする資格試験が控えていたことで、あまりのんびりしすぎないよう気持ちを引き締めながら過ごしました。そのかいあって試験に無事合格、資格を手にすることができました。そしてリワークプログラムも2016年11月に修了、人事担当者と面談の結果、同月から復職できることになりました。

 ・・・今回はここまでです。お読みいただきありがとうございました。